コメディカル部門 リハビリテーション科

基本理念

私達は患者さんの立場にたってQuality of Life(生活の質)の向上に努めます。

▲ ページTOPへ ▲

基本方針

  1. 患者さん第一のリハビリテーション医療を目指します
  2. 患者さんから信頼されるリハビリテーション医療を目指します
  3. 総合的リハビリテーションに向けてチームアプローチを実践します
  4. リハビリテーション知識・技術の向上そして人間性の向上を目指します
  5. 医療と介護の架け橋となるように地域医療の一員を目指します
▲ ページTOPへ ▲

特色

当院のリハビリテーション科では、急性期治療を受けた患者さんがより早期に在宅復帰・社会復帰ができるよう支援するため、個々の患者さんの状況に合わせた急性期リハビリテーションを提供しています。
院内では医師や看護師、薬剤師などの専門職種と共に緩和ケアチームや呼吸ケアチームなどのチーム医療に積極的に参加し、より良い医療を提供できるよう他職種とともに活動しています。
また、入院・外来だけでなく、患者さんとそのご家族が在宅でより良い生活を送ることができるように併設された訪問看護ステーションと連携して直接ご自宅を訪問して行う訪問リハビリテーションも提供しています。
その他にも、地域の中核病院として、地域の医療の質の向上を図るため、市町村や他の関連団体、医療機関等に対して研修会の講師を派遣したり、情報提供などにも積極的に取り組んでいます。

▲ ページTOPへ ▲

リハビリテーションとは?

リハビリテーションは、病気や外傷などによって心身機能に影響を受け、日常生活や社会生活に制限を受けた方々に対して、再び自分らしい生活を取り戻すことができるよう心身機能の改善を図ったり、動作能力の開発・改善を図り社会参加を目指す一連の働きかけをいいます。 ▲ ページTOPへ ▲

理学療法(PT;Physical Therapy)とは

「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操などの運動を行わせたり、電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えること」と定義されており、運動療法により関節可動域制限や筋力低下、運動麻痺などの機能障害に対してアプローチしたり、温熱、電気、光線などの物理療法により疼痛や循環の改善を図ります。また、起立・歩行困難や移乗動作困難など能力障害に対して基本動作訓練や日常生活動作指導を行い、早期の家庭復帰や社会復帰を目指しています。また、環境面へのアドバイス(住宅改修や福祉用具の選定)なども必要に応じて行っています。

▲ ページTOPへ ▲

作業療法(OT;Occupational Therapy)とは

「身体または精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力または社会適応能力の回復を図るため手芸、工作その他の作業を行わせること」と定義されており、病気やケガにより、身体や精神に障害をもった方に対して「その人らしい生活」ができるよう、作業活動や日常生活動作訓練を通じて家庭復帰や社会復帰を目指しています。例えば、家事動作や更衣・整容動作などの細やかな動作を必要とする場面に対して、患者さんそれぞれの能力や性格、環境なども考慮してアドバイスを行っています。

▲ ページTOPへ ▲

脳血管リハビリテーションとは?

脳梗塞や脳出血などを中心とする中枢神経疾患やパーキンソン病などの神経疾患、長期臥床などに伴う廃用症候群を呈した患者さんに対して、早期からリハビリテーションを行い早期離床や日常生活の再獲得を目指します。具体的には、機能訓練や歩行訓練、日常生活動作訓練、高次脳機能訓練などを実施し、カンファレンスなどを通じて他職種と連携して早期に在宅復帰・社会復帰ができるようチームで支援しています。

▲ ページTOPへ ▲

運動器リハビリテーションとは?

骨折や膝・股関節などの人工関節置換術(変形性関節症)、頚髄症やヘルニア、脊柱管狭窄症などの脊椎疾患、手の外科などの運動器疾患を持つ患者さんに対して、術前、術後よりリハビリテーションを実施しています。リハビリの内容は関節可動域訓練や筋力トレーニング、歩行訓練、日常生活動作訓練などを行い、身体機能を可能な限り改善することを目的とし、早期自宅復帰、社会復帰にむけて支援しています。

▲ ページTOPへ ▲

がんのリハビリテーションとは?

がんとその治療によってさまざまな障害が生じると、在宅生活や社会生活に支障を来すことがあります。がんのリハビリテーションでは、がん治療や緩和ケアと並行して、がんと診断を受けてこれから治療を始める患者さんや手術を受けた患者さん、がんの治療を続けながら生活している患者さんに対して、その病気や状態に合わせた機能訓練や日常生活動作訓練を行ったり、より良い在宅復帰(在宅生活)ができるように福祉用具や家屋環境の提案などを行います。
当院では、患者さんとご家族が安心して治療を受けることができるよう、専門のセラピストも配置し、リンパ浮腫などの後遺症に対するリハビリテーションも行っています。

▲ ページTOPへ ▲

呼吸リハビリテーションとは?

呼吸リハビリテーションとは、「呼吸器の病気によって生じた障害を持つ患者に対して,可能な限り機能を回復、 あるいは維持させ、これにより、患者自身が自立できるように継続的に支援していくための医療である」と定義されています。 当院では肺炎や手術後の急性呼吸不全により、人工呼吸器を装着した患者さんに対して、体位ドレナージやモビライゼーションなどのリハビリテーションを実施しています。

▲ ページTOPへ ▲

最後に

リハビリテーション科では患者さんがどれだけ満足した生活を送ることができるか、という生活の質(QOL:Quality of life)の向上を目標に、スタッフ一同努力しております。

▲ ページTOPへ ▲

施設基準

  • 運動器リハビリテーション:(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション:(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション:(Ⅰ)
  • がんのリハビリテーション
▲ ページTOPへ ▲

人員構成

  • 理学療法士 14名(訪問リハ3名を含む)
  • 作業療法士 4名(訪問リハ1名を含む)
  • マッサージ師(運動療法機能訓練技能講習会修講者)1名
▲ ページTOPへ ▲

訓練施設

訓練施設の風景

▲ ページTOPへ ▲

専門性を患者様のために活かすことを考える

富田林病院では様々な専門分野に強い
セラピストを配置しています

富田林病院のリハビリの特徴

当院のリハビリテーション科では、急性期治療を受けた患者さんがより早期に在宅復帰・社会復帰ができるよう支援するため、個々の患者さんの状況に合わせた急性期リハビリテーションを提供しています。
院内では医師や看護師、薬剤師などの専門職種と共に緩和ケアチームや呼吸ケアチームなどのチーム医療に積極的に参加し、より良い医療を提供できるよう他職種とともに活動しています。
また、入院・外来だけでなく、患者さんとそのご家族が在宅でより良い生活を送ることができるように併設された訪問看護ステーションと連携して直接ご自宅を訪問して行う訪問リハビリテーションも提供しています。
その他にも、地域の中核病院として、地域の医療の質の向上を図るため、市町村や他の関連団体、医療機関等に対して研修会の講師を派遣したり、情報提供などにも積極的に取り組んでいます。

地域とともに、人とともに。
全ては患者さんのために。

▲ ページTOPへ ▲

富田林病院のリハビリの流れについて

入院中のリハビリ

  1. 入院
  2. リハビリ指示
    医師の診断により、患者様の状態に応じてリハビリ処方箋が出されます。
  3. リハビリ開始
    担当となったリハビリスタッフが患者様に対し個別に評価、治療をさせていただきます。
  4. 退院支援
    退院後の生活が円滑に行えるように、住環境(住宅改修、福祉用具等)や介護サービス(訪問介護、訪問看護)の調整を必要に応じてさせていただきます。
  5. 退院

退院後のリハビリ

  • 外来
    医師が退院後もリハビリが必要と判断した場合には、外来にて継続させていただきます。
  • 訪問
    医師により、退院後に在宅でのリハビリが必要と判断された方は訪問リハビリにて継続させていただきます。

訪問リハビリ

  1. 本人・家族が訪問リハビリを希望
  2. 担当ケアマネジャーに相談
  3. かかりつけ医に相談
  4. 訪問看護指示書の交付
  5. 訪問リハビリテーションの実施
  • 訪問リハは併設の富田林訪問看護ステーションから実施しております。
  • 本人の能力に応じ可能な限り自立した在宅生活が営むことができるようリハビリテーションを実施します。

▲ ページTOPへ ▲

Q&A

入院した際のリハビリテーションについてQ&A

Qリハビリを担当するセラピストは毎回同じ人ですか?
入院から退院まで、基本的には同じセラピストが担当させていただきます。但し、担当者が不在の場合や地域包括ケア病棟に転棟した場合は、他のセラピストが担当させていただくこともあります。
Qリハビリをする際の服装や持ち物などは指定されていますか?
特にありません。しかし、歩く・階段を上るなどの練習をするため、サンダルではなく靴を推奨しています。
Qリハビリは毎日実施するのですか?また時間などは決まっていますか?
訓練時間は平日(月~金)9:00~17:00、土曜日(第3土曜日は除く)9:00~12:00となります。リハビリの頻度は個々の方の状態により異なりますが、週3~6回程度実施しています。
Q退院支援とは具体的にどのようなことをしてくれるのですか?
医師・看護師・担当セラピスト(理学療法士・作業療法士)・MSW(ソーシャルワーカー)、ケアマネージャーや福祉用具業者などが参加し、退院後の生活がより円滑に行えるように退院前カンファレンス(さまざまな職種による話し合い)を実施しています。また、介護サービスの調整や、必要に応じて住宅改修や福祉用具についてのアドバイスをするため、患者様の自宅へ訪問させていただくこともあります。

外来リハビリについてQ&A

Qどうすれば外来リハビリが受けられますか?
対象となる診療科を受診してください。医療保険で定められた疾病の方で医師の診察にてリハビリが必要と判断された方に限り外来でリハビリを受けることができます。
Q予約などは必要ですか?
完全予約制です。来院されたときに次回の予約を取らせていただきます。
Q外来リハビリを受けられる時間は決まっていますか?
平日9:00~12:00までで、1回のリハビリ実施時間は約20分間となっています。頻度は状態に応じて週1~3回で、期間は平均3~5ヶ月です。

訪問リハビリについてQ&A

Q訪問してくれる時間帯は決まっていますか?
平日9:00~17:00(土・日・祝、12/29~1/3は除く)がサービス提供時間となります。
Q訪問してくれる地域はどこまでですか?
富田林市、大阪狭山市、河南町、太子町、千早赤阪村です。その他の地域についてはご相談ください。
Q訪問リハビリの頻度と時間はどのくらいですか?
介護保険の場合、基本40分で、週1~3回です。

※ご不明な点はお問い合わせください。

▲ ページTOPへ ▲

部門紹介

理学療法士

理学療法とは、「身体に障害のある方に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操などの運動を行わせたり、電気刺激・手技マッサージ・温熱その他の物理的手段を加えること」と定義されています。
具体的には運動療法によって関節可動域制限や筋力低下、運動麻痺などの機能障害に対してアプローチしたり、温熱・電気・光線などの物理療法によって疼痛や循環の改善を図ります。また、起立・歩行・移乗をすることが困難といった能力障害に対して基本動作訓練や日常生活動作指導を行い、早期の家庭復帰・社会復帰を目指しています。また、住宅改修や福祉用具の選定といった環境面へのアドバイスも必要に応じて行っています。

作業療法士

作業療法とは「身体または精神に障害のある者に対し、主としてその応用動作能力または社会適応能力の回復を図るため手芸、工作その他の作業を行わせること」と定義されており、病気やケガにより、身体、精神に障害を持った方に対してその人らしい生活」ができるよう、作業活動や日常生活動作訓練を通じて家庭復帰や、社会復帰を目指しています。例えば、家事動作や、更衣・整容動作などの細かな動作を必要とする場面に対して、患者さんそれぞれの能力や意向、環境なども考慮してアドバイスを行っています。

▲ ページTOPへ ▲

施設概要

施設基準

  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 脳血管リハビリテーション(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
  • 心大血管リハビリテーション(Ⅰ)
  • がんのリハビリテーション

人員構成

  • 理学療法士 : 16名(訪問リハ2名)
  • 作業療法士 : 6名(訪問リハ2名)

▲ ページTOPへ ▲

実績

学会発表

平成25年 6月 第20回日本乳癌学会学術総会
「乳がんクリニカルパスにおけるリハビリテーションの必要性」
松田 森
共同演者:萩野 信夫、林部 章、小田 直文
6月 第18回日本緩和医療学会学術大会
「終末期におけるリハビリテーションの役割~セラピストにできること~」
松田 森
共同演者:窪田 剛、山岡 伸行、松岡 美佐代、磯辺 みどり、前田和輝、他
11月 第13回日本クリニカルパス学会学術集会
「当院における乳がん周術期リハビリテーションの現状」学術集会賞 受賞
松田 森
共同演者:萩野 信夫、山岡 伸行、小田 紀子
               松岡 美佐代、磯辺 みどり、前田 和輝、他
11月 第53回近畿理学療法学術大会
「端座位での胸腰部回旋角度が腰部多裂筋・最長筋・腸腰筋の筋電図積分値に与える影響」
森井 佑実
平成27年 1月 第1回地域理学療法学術集会
「当事業所における訪問リハビリテーション利用者の傾向と今後の検討~新規利用者数と終了者数に着目して~」
加島 久也
共同演者:渡邉 明、前田 和輝、西田 憲司、山下 知寿
7月 第27回大阪府理学療法学術大会
「トランスファーボード作成と車椅子座面の工夫により移乗動作に改善が見られた一症例」
前田 和輝
平成29年 1月 第69回済生会学会
「肺動脈性肺高血圧症患者に対するリハビリテーションの経験」
和生 直人、松田 森、渡邊 明、衣田 健太、谷口 貢、宮崎 俊一
第69回済生会学会
「排尿ケアチームにおける理学療法士の役割と課題~三ヶ月間の取り組みを通じて~」
衣田 健太、和生 直人、伴 由衣菜
6月 第22回日本緩和医療学会学術大会
「終末期がん患者の在宅復帰から見取りまでの病期に合わせたリハビリテーションの一症例」
前田 和輝、窪田 剛、山岡 伸行、野々下 博、島崎 寛将、松田 森、川田 美里
6月 日本訪問リハビリテーション協会 学術大会 in北海道
「訪問型介護予防事業による訪問型サービスの介入により社会参加につながった症例」
西 秀文
共同演者:島崎 寛将、加島 久也

研修会の修了

大阪府緩和ケア研修会
松田 森
藤原 光樹
精神科訪問看護研修会
西 秀文
地域包括ケア推進リーダー
加島 久也
加藤 将記
介護予防推進リーダー
藤原 光樹
加藤 将記
松田 森

取得している資格

認定理学療法士(呼吸)
松田 森
曽和 恭行
3学会合同認定呼吸療法士
松田 森
曽和 恭行
藤原 光樹
前田 和輝
福祉環境コーディネーター2級
松田 森
西 秀文
加島 久也
前田 和輝
介護支援専門員
加島 久也
藤原 光樹

▲ ページTOPへ ▲

スタッフ紹介

スタッフ集合写真

▲ ページTOPへ ▲